2010年9月アーカイブ

ガーデナーズリポート 第13回

厳しい残暑が突然終わり、気温の低下とともに降雨が多くなりました。庭園内もすっかり秋の景色へと移り変わり、くすの木の丘やホワイトガーデン前の芝面ではあちらこちらからシクラメン・ヘデリフォリウムの花が顔を出しています。これから年末にかけて白・桃・紫色の可憐な花々を咲かせます。写真は昨年11月上旬に撮影されたものですが、開花中は葉は展開せず、花後に葉が出現するのも特徴の一つです。

 

ホワイトガーデン外周のボーダー花壇ではペニセツム・セタケウム・ルブルムが見頃を迎えています。バラ・フレグランス・アプリコットの背景として植栽しているペニセツムは、優しいアプリコット花のバラを引き立てるとともに、秋風とともに大きく揺れるブロンズ色のダイナミックな穂が魅力です。(例年、スクエアフェンス前ボーダー、ノットガーデンともに秋バラは10月中旬から本格的な開花を迎えます。)

 

彫刻「水を着る女」が佇む池では睡蓮の花が白、青、紫、桃、黄色の花を咲かせています。背景に植栽されたケヤキを中心とした樹木は11月に入ると紅葉し、池周辺の景色は落ち着いた雰囲気に。これからの季節、お天気の良い日にはこの辺りで芝上で横になり、お昼寝をされる方も多く見られ、他の季節よりものんびりとした時間が経過しているように感じます。

 

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2010年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年8月です。

次のアーカイブは2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。