2011年9月アーカイブ

ガーデナーズリポート 第117回

庭園内外、日の当たり具合はさまざま。一日中、日が十分に当たる場所と、反対にほとんど日が当たらない場所もあり、それぞれに適した植物を植えるようにしています。

 

モザイク壁から入って右側はもっとも日当たりが悪いエリア。

 

アジュガ、ギボウシ、プルモナリアやケマンソウなど、耐陰性の高い植物を組み合わせています。

 

そんな中で場面をぱっと明るくしてくれているのが斑入り岩三つ葉(アエコポディウム)。セリ科のグランドカバーです。隣に植えているリシマキアと領地争いしながら、どんどんと株を殖やしています。

 

 

ガーデナーズリポート 第116回

秋の庭に欠かせないグラス類。

 

ホワイトガーデン外周ボーダーでは、春に定植した銅葉のペニセツムがすっかりバラの背丈を超えました。手前のサーモンピンク花のセダムもちょうど花期を迎え、両者の組み合わせはこの時期の楽しみの一つです。

 

カナールのボーダーガーデンでは、パニカムや細葉のススキが花穂を揺らし、アスターやユーパトリウムとともに秋花壇を構成しています。

 

この他にもスクエアフェンス前ではペニセツム・ヴィロサムやフェスツカ・グラウカ、カナールではパニカム・チョコラータなどを植栽しています。

ガーデナーズリポート 第115回

ノットガーデンではプレクトランサス・モナラベンダーが、紫色の花を一斉に咲かせています。

 

表は緑、裏をかえすと紫がかった緑色の葉も魅力の一つ。

 

ただ一つ残念なのは、耐寒性に乏しいことではないでしょうか。霜が下りると一夜にして傷んでしまうため、その時期までに鉢上げ作業をしてあたたかい場所で冬越しをするか、もしくは挿し木をして来年に向けての新たな苗作りをする必要があります。

 

 

ガーデナーズリポート 第114回

朝から気温、湿度ともに高く、真夏を感じさせるようなお天気になりました。

 

ホワイトガーデンではキャッツウィスカー(ネコノヒゲ)の花が見頃を迎えています。名前の通り、ネコのひげを連想させるような花形がとてもユニークで、透明感のある白花が涼しげに風に揺られます。

 

カナールやポールの下草では、桃花品種も開花しています。こちらも是非ご注目ください。

ガーデナーズリポート 第113回

IZU PHOTO MUSEUMのアプローチで開花している白い花はタマスダレ(ゼフィランサス・カンディダ)。ヒガンバナ科の球根性植物です。夏から秋にかけて次々と花を咲かせるため、庭園内各所で群植させています。

 

同じくアプローチで白花を咲かせはじめたのは一重のシュウメイギク。本来は秋風に揺られる姿が似合う花ですが、今日は残暑の中少し暑そうな表情をしています。

 

アプローチ近くに設置しているコンテナでは、クレマチス・ベラが二番花を咲かせています。クレマチスガーデンでは、先週末ほぼすべての株に対して二番花の剪定作業を行いましたが、一部、ベラのように開花が継続しているものは切らずに残しています。三番花の開花は約1ヶ月〜1ヶ月半後を予定しています。

ガーデナーズリポート 第112回

カラッとした秋の空気が感じられるようになりました。

 

庭園内では、秋を代表する植物たちが少しずつ花を咲かせはじめています。

 

カナールのボーダーガーデンでは、クジャクアスターやユーパトリウムの開花がスタートしたばかり。

 

両者ともに放っておくと草丈が高くなりすぎてしまい、ボーダーのバランスが崩れるため、5月ぐらいから摘心をして草丈の調整をしています。

 

ホワイトガーデン外周で小さな花を咲かせているのは、アルテナンテラ。緑色の芝にアルテナンテラの銅葉がくっきりと浮かびあがります。こちらも生育が大変旺盛な植物。時々、はさみを入れながら茂り過ぎないように注意をして管理をしています。

ガーデナーズリポート 第111回

台風の影響で不安定なお天気がつづいています。

 

そんな中、庭園では秋に向けてバラの剪定作業を行いました。

 

例年8月最終週〜9月第1週に行う剪定は、株姿を整え、秋に一斉に良い花を咲かせることを目的に、ハイブリッド・ティーやフロリバンダ系のバラに対して行っています。

 

右下の写真のように、10月中旬には再びバラの花々が庭園に鮮やかな色をそえてくれることでしょう。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2011年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年8月です。

次のアーカイブは2011年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。