2012年12月アーカイブ

ガーデナーズリポート第193回

今年も残すところあと2日となりました。朝から雨が降りつづく中、休園中の庭園を冬咲きクレマチスの開花した様子を求めて、ゆっくりと観察をしてみました。

 

ホワイトガーデン、スクエアフェンス、樹木仕立ての株はまだ蕾の状態です。蕾のサイズはかなり大きくなっていて、まるで何かの果実のようにも見えます。カナール入り口のフェンスや庭園のフェンスボーダーでもまだ咲きはじめている株は確認できませんでした。

 

すると・・・とうとう咲き始めている株を発見!

 

庭園入り口、すぐ左側のフェンス(丘辺のフェンスボーダー)では蕾の先端が割れたばかりのものや、しっかりとベル状に開花したアンスンエンシスを見つけることができました。

 

これからの気温の推移や天候状況にもよりますが、1月7日(月)の開園時には、特に展示棟上部で開花するクレマチス・アンスンエンシスの様子をご覧いただくことができそうです。

ガーデナーズリポート第192回

春咲き球根の植込みがほぼ完了した庭園では、ツルバラの誘引作業に入りました。日に日に気温が下がる中、来年の春の景色を思い描きながら管理作業をする日々がつづきます。

 

そんな中、冬咲き常緑品種、クレマチス・アンスンエンシスは順調に蕾をふくらませています。12月第2週目に撮影した写真と比較しますと、現在蕾の大きさは約2倍。おそらく来週には開花をはじめる株も出てきそうです。見ごろは1月いっぱいを予定しています。

 

園内各所、イチイやツゲの足元で白、黄、桃色の花を咲かせているのは、冬咲き品種のオキザリス。写真はバリアビリスのラベンダーアンドホワイト。夏期は休眠をするため地上部は完全になくなりますが、気温の低下とともに葉を茂らせ、12月初旬から花期を迎えます。冬枯れした芝から顔を出す様子がなんともかわいらしくて、毎年少しずつ追加植栽をしています。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。