2016年11月アーカイブ

ガーデナーズリポート第359回

朝花開いて、夕方には閉じてしまう熱帯性スイレン。

 

11月も最終週ですが、いまだに美しい花を楽しませてくれています。

 

夏の暑い頃はもちろん、このように本格的に寒くなる11月いっぱいまで、長期間水辺に花を添えてくれるだけでなく、開閉をつづける間、毎日少しずつ変えるその表情の変化も大きな魅力のひとつ。

 

この時期夕方には完全に花を閉じてしまいますので、午前中からお昼すぎぐらいまでに是非開花する様子をご覧ください!

ガーデナーズリポート第358回

天候の変化が激しい11月下旬。庭園内の開花植物も少しずつ変化しつつあります。

 

石垣壁とノットガーデンの一角でピンク花を咲かせているのはノボタン・リトルエンジェル。

 

一つ一つの花のサイズは小さいものの、枝全体に花を咲かせる様子は目を引きます。

 

大きな特徴はその変化する花色。咲き進むにつれて白から紫、そしてピンクへと色を変えていくため、1株で色のグラデーションを楽しむことができます。寒さに少し弱いので植え付ける場所に注意が必要です。ガーデン内でも様々な場所で挑戦しましたが、この寒風からも守られた石垣壁のコーナーが最も居心地良さそうです。

ガーデナーズリポート第357回

晩秋のクレマチスガーデン。

 

春のように多くの花色で色溢れる華やいだ雰囲気はないものの、秋色に囲まれながら長時間庭で過ごされるお客様の姿を多くお見かけします。

 

明日は小春日和となりそうです。紅葉に彩られたクレマチスガーデンで晩秋の1日をゆっくりとお過ごしください。

 

ガーデナーズリポート第356回

気温の低下によって樹木や灌木、宿根草の葉が紅葉し、庭園内全体が秋色に染まりつつあります。

 

この時期、落ち葉清掃をしても少しの風でまた一面芝上は落ち葉だらけ、ということばかり。しばらくの間はこの紅葉を楽しませてもらうためにも雨や風は控えめに、とお願いしたいところです。

ガーデナーズリポート第355回

一般的に最低気温が8度を下回ると紅葉が見頃を迎えると言われていますが、先週末からクレマチスガーデンでも少しずつ樹木や灌木が色づきはじめました。

 

ホワイトガーデン外周ボーダーではケヤキやドウダンツツジの紅葉を背景に、バラたちが最後の花を咲かせています。

 

春の開花時とは趣の異なるバラの表情に是非ご注目ください。

 

 

ガーデナーズリポート第354回

11月第1週のクレマチスガーデンで開花するバラの様子をリポートします。

 

ホワイトガーデン外周ボーダー前面では、フレグラント・アプリコットが香り高い花を咲かせています。花弁の縁が波打つ様子がとても上品なフロリバンダローズです。

 

ノットガーデンの背景で咲く淡い黄花はゴールデン・ボーダー。小さな丸弁の花が房になって、ブーケ状に開花しています。同じく小輪の花が可憐なリトルホワイトペットは、ホワイトガーデンの中央に植栽されています。ピンク色の蕾が開花すると白く咲くので、咲きすすむにつれて変化する様子を観察するのも楽しい品種です。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2016年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年10月です。

次のアーカイブは2016年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。