2017年1月アーカイブ

ガーデナーズリポート第365回

冬咲きクレマチス アンスンエンシスが咲きすすんできました。

 

蜜を求めて遊びにきているメジロたちも、せわしなく花から花へと飛び回っています。

 

庭園内ではつるバラの誘引作業がほぼ終わり、クレマチスの剪定・誘引作業に入りました。今年はどう咲かせようかと考えながら、芽を選び、ハサミを入れています。難しい表情で剪定作業をしているかもしれませんが、ご質問などございましたら、庭園内にいるガーデナーにお気軽にお声掛けください!

ガーデナーズリポート第364回

毎年恒例の球根の水耕栽培、今年もガーデナーズハウスにて順調に生育中です。

 

 

ヒヤシンス、ムスカリ、クロッカスの球根を大小の花器にセットしたら、水の入れ替えや花器を洗うとき以外は暗い場所で管理します。芽が出始めたら、お水の量に注意をしながら、ガーデナーズハウス内のさまざまな場所に飾りながら育てています。

 

 

花芽が見えはじめたころ、ガーデンカフェ、CIAOCIAO、TREEHOUSEといったレストランの机上やフラワーショップの店内を飾り、お客さまに春の気配をお届けすることでしょう。

ガーデナーズリポート第363回

12月末から1月にかけての大切な作業のひとつが「つるバラの誘引」です。現在、各所順番に作業を進めています。

 

リストランテ・プリマヴェーラ入り口の壁面は両サイドに7品種のバラが植栽されています。その中の1品種、白い小花を房状に咲かせる「群星(ぐんせい)」は昨年末の休館中に担当ガーデナーによって誘引作業が完了しました。

 

年々、枝の数も増えるため、壁面の面積と相談しつつ、枝を倒しながらしっかりと留めていきます。花がなるべく壁面全体で咲くように、壁の上段まで枝を配り完成した様子は是非実物をご覧いただけたら嬉しいです。葉をすべて落とした枝のみの状態ですが、きちんと誘引された様子は一種のアート作品のようにも見えます。

 

この壁面が白い花でほぼ全て覆われる5月中下旬を今から心待ちにしています。

ガーデナーズリポート第362回

2017年の幕開けとともに、クレマチスガーデンでは冬咲きクレマチス、アンスンエンシスが花を咲かせました。シーン毎に多少進みの差はありますが、現在2分から3分咲きといった様子です。

 

白いベル状の花を際立たせているのは、美しい常緑性の葉。この季節、時おり冷たい風が強く吹きつけることがありますので、アンスンエンシスを植栽する際はなるべく囲まれた場所に植付け、寒風が原因で葉が黄色や茶色に変化したり、最終的に葉を落とすことのないように注意をしています。

 

このアンスンエンシスを皮切りに、3月末からは早春咲きのアーマンディー、4月にはモンタナ、そして春本番を迎えるころには本格的なクレマチスシーズンに突入します。今年もクレマチスの魅力を多くの方にお伝えできるような庭作りを目指して、ガーデナー一同作業に取り組んでまいります。是非、四季折々に表情を変化させるクレマチスガーデンでゆったりとした時間をお楽しみください。

ガーデナーズリポート 2017

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2017年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年12月です。

次のアーカイブは2017年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。