2017年2月アーカイブ

ガーデナーズリポート第367回

寒咲きクロッカスも開花期に入ったくすの木の丘では、シクラメン・コウムの花も目立ちはじめました。

 

コウムは冬咲きのシクラメンを代表する大変強健な種類。冬枯れした芝上にカーペット状に広がり、白、淡いピンク、濃いピンク、紫の花を咲かせます。

 

花のかわいらしさはもちろん、葉の斑の多様さも魅力のひとつ。さまざまな斑を観察するのもコウムを育てる楽しみになっています。

ガーデナーズリポート第366回

2月に入ったクレマチスガーデンでは、茶色い地面からチューリップやアリウム、ムスカリといった球根類の新芽が勢い良く顔を出しはじめました。

 

早春咲きクレマチス アーマンディーは節々についた花芽が目立ちはじめ、日に日にそのサイズも大きくなっているようです。一方、冬咲きのクレマチス アンスンエンシスも開花が継続中で、ホワイトガーデンのベンチ上アーチでは一面が白い花で覆われています。

 

2月の庭園の主役といえば小球根類。開花はまだはじまったばかりですが、くすのきの丘ではクロッカスやガランサス(スノードロップ)。カナールの斜面ではイフェイオンの花が咲き始め、これから日ごと花数が増えていきそうです。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2017年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年1月です。

次のアーカイブは2017年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。