2018年8月アーカイブ

ガーデナーズリポート第430回

■夏に咲く四季咲き品種のクレマチス 2■

 

前号に続いて、クレマチスガーデンの環境下で、気温の高い真夏にも二番花を良く咲かせているクレマチスの四季咲き品種をご紹介します。

 

○クレマチス・ジャックマニー:遅咲き大輪系/紫色の花弁に黄色い花芯。四季咲きクレマチスを代表する品種のひとつ。イギリスで作出。

○クレマチス・エミリア・プラター:ヴィチセラ系/淡藤色の多花性品種。ツルの伸びも一番花の時期同様とても旺盛です。ポーランドで作出。

○クレマチス・タイダイ:遅咲き大輪系/紫色の花弁に白いマーブル状の模様の入るユニークな品種。アメリカで作出。

 

次回に続きます・・・

 

ガーデナーズリポート第429回

■夏に咲く四季咲き品種のクレマチス 1■

 

庭園内では四季咲き品種の二番花が見頃を迎えています。剪定をすることによって、シーズン中、二度三度と花を咲かせる四季咲きのクレマチスたち。

 

今年のこの高温が原因でしょうか?、なかなか思い通りに二番花が開花しないというお悩みをお持ちの方もおられるようです。

 

クレマチスガーデンの環境下で、暑い夏となった今年も二番花を良く咲かせてくれている品種をご紹介します。

 

○クレマチス・オレンジギャル:ヴィチセラ系/ 濃いピンク色の花は夏場も退色せず開花します。日本で作出された品種。

○クレマチス・リトル・ネル:ヴィチセラ系/白い花弁に桃紫色の縁どりの小輪花。フランスで作出された品種。

○クレマチス・アフロディーテ・エレガフミナ:インテグリフォリア系/ビロード状の濃い紫色の花。日本で作出された品種。

 

次回に続きます・・・

ガーデナーズリポート第428回

金子明人先生から貴重な苗をいただいた朝顔・団十郎が開花しました!

 

黄色がかった葉に海老茶色の大輪の花、中央は白く抜けて、大変存在感のある朝顔です。次から次へと蕾があがっているので、これからしばらく日々の観察を楽しむことができそうです。朝顔・団十郎はガーデナーズハウスのティールムに鉢仕立てにして、展示しています。

 

昨日は台風の影響による雨が止むと、午後には虹が見られました。休館日ということで、庭園にかかる虹景色を独り占めしながらの庭園管理作業となりました。

ガーデナーズリポート第427回

台風を前に、果樹畑のブルーベリーの収穫作業を行いました。

 

畑内にはノーザンハイブッシュ系、サザンハイブッシュ系、ラビットアイ系からそれぞれ複数品種、さらにピンク色の果実がなるピンクレモネードが植栽されています。品種によって粒のサイズや果皮の様子はさまざま。各品種の個性を感じながら収穫をしました。

 

株元近くの基部から先端まで、枝全体に驚くほどたくさんの色づいた果実がなり、1時間半ほどで大きな容器2つがいっぱいになりました。まだしばらくの間は収穫作業が続きそうです。

 

収穫したブルーベリーはクレマチスの丘の各レストランでお客様にお楽しみいただいています。果樹畑担当のスタッフが大切に、大切に育てているブルーベリー。農薬も使用しておりませんので、是非多くのお客様にお召し上がりいただきたいです。

ガーデナーズリポート第426回

記録的な暑い夏を、もっとも喜んでいるのが池の中に植栽されている熱帯性睡蓮たち。

 

水温が高くなっても気にせず、太陽をさんさんと浴びて、多くの花を咲かせています。

 

今年は例年に比べると葉の勢いも良く、ツヤのある丸い葉の上には小さなカエルたちがちょこんと座り、休憩する様子も見られます。

 

熱帯性睡蓮の花期は11月初旬まで。花には香りもあるので、是非近くに寄って観察をしてみてください。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、2018年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年7月です。

次のアーカイブは2018年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。