• ガーデナーズリポート
  • お知らせ
  • ガーデンのご案内
  • コレクション
  • はじめてのクレマチス
  • ガーデナーズハウス
  • フラワーショップ
  • 開花表
  • 四季折々

Gardener's Report/ガーデナーズリポート

UPDATE: 2013-01-07

ガーデナーズリポート第194回

Gardener's Report
クレマチス・アンスンエンシスとメジロ(2008年1月30日撮影)

新たな年を迎えたクレマチスガーデンでは、今年も例年通り、冬咲きクレマチス、アンスンエンシスの開花で幕を開けました。

 

そのアンスンエンシスをめあてに、枝から枝へとちいさな黄緑色の体をせわしなく移動させているのはメジロたち。目をぐるっと一周囲むように入る白い輪がなんとも印象的な鳥です。

 

花壇を注意深く観察していると、ところどころで春から初夏に開花する球根類が芽を出しはじめています。カナールのボーダーガーデンではアリウムの勢いの良い新芽が確認できました。球根類をはじめ、クレマチスの枝にも新芽が見られはじめるこの時期から、もう既に初夏の景色を想像してわくわくしてしまいます!

 

クスノキの丘では小球根の可憐な花が、茶色い芝から顔を出しています。ペチコート水仙とも呼ばれる原種系水仙は12月末から咲き始め、次から次へと白い花を咲かせてくれます。間もなく花期に入るスノードロップも冬季の楽しみの一つ。順調に芽が動きはじめていますので、間もなく開花となりそうです。

 

このように穏やかな景色が広がるクレマチスガーデンでは、現在12名のスタッフで庭園の管理をおこなっています。今年も12名で力を合わせて、美しい庭園作りを目指して作業を進めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

アリウム・ジャスディアナムの新芽
クスノキの丘で開花する水仙・カンタブリクス