• ガーデナーズリポート
  • お知らせ
  • ガーデンのご案内
  • コレクション
  • はじめてのクレマチス
  • ガーデナーズハウス
  • フラワーショップ
  • 開花表
  • 四季折々

Gardener's Report/ガーデナーズリポート

UPDATE: 2019-02-11

ガーデナーズリポート第439回

Gardener's Report
2月の庭園ではクロッカスが見頃をむかえます

春から秋にかけての開花シーズン以外の時期、主に植物が休眠している季節にはガーデナーはどのような作業をしているのですか?、というご質問をいただくことがあります。

 

11月中下旬から3月初旬ぐらいまでの気温が低い期間、開花する植物もぐっと数が減ってしまいますが、春からの庭園にとって重要な作業が目白押しとなります。

 

前回までのガーデナーズリポートでご紹介をさせていただきましたクレマチスやバラの剪定・誘引・枝配り作業をはじめ、寒肥や堆肥、マルチングを施す、花壇を改良する作業もこの時期に行います。ラベルの見直しや、植栽図面を見ながら戸籍管理をするのも大切な作業のひとつ。さらに、古い支柱、ビニールタイ、シュロ縄などを新しいものに取り替える作業や灌木や低木への剪定作業も行なっています。

 

大体の作業が一段落してくると、3月第3週を迎えています。その頃になりますと、例年気温の上昇とともに、とうとうクレマチスの新芽が動きはじめます。それと同時に、新芽誘引の作業がはじまり、ここからはノンストップでクレマチスの開花期に突入する・・・という流れになります。

 

冬のガーデンでは開花している植物は乏しいのですが、剪定や誘引が完了したクレマチスやバラの様子をじっくりと観察していただくことができます。作業をしているガーデナーをつかまえて、ご質問をいただくことも大歓迎ですので、是非あたたかい格好でこの時期の庭園にも足をお運びいただけましたら嬉しいです。