• ガーデナーズリポート
  • お知らせ
  • ガーデンのご案内
  • コレクション
  • はじめてのクレマチス
  • ガーデナーズハウス
  • フラワーショップ
  • 開花表
  • 四季折々

Gardener's Report/ガーデナーズリポート

UPDATE: 2019-03-05

ガーデナーズリポート第443回

Gardener's Report
[ 旧枝咲きクレマチス ]

休眠期中に行なう剪定・誘引作業を終え、気温の上昇とともに新芽の展開が少しずつはじまった落葉品種のクレマチスたち。

 

クレマチスといいますと、その剪定作業に悩まれる方も少なくないかもしれません。今回は剪定方法詳細ではなく、3タイプのクレマチス 冬の姿はどのような状態になるのか?、というご紹介をさせていただきます。

 

写真 左:旧枝咲きのゴズ(モンタナ系)→無剪定、もしくは弱剪定のため枯れ蔓、弱い蔓以外はほぼすべての蔓が残ります。

写真 左下:新旧両枝咲きのベスト・ウィッシーズ(フロリダ系)→中剪定、もしくは任意剪定

写真 右下:新枝咲きのプリンセス・ダイアナ(テキセンシス系)→強剪定*新枝咲きの中には、地上部がほとんど枯れてしまう品種、地上部が多少残るものとがあります。

 

同じ落葉するタイプのクレマチスでも、休眠期中の姿はさまざま。蔓が残っていても良い場所、残らずすっきりとしていたほうが良い場所・・・等々、育てる場面に適した品種選びを心がけています。

[ 新旧両枝咲きクレマチス ]
[ 新枝咲きクレマチス ]