• ガーデナーズリポート
  • お知らせ
  • ガーデンのご案内
  • コレクション
  • はじめてのクレマチス
  • ガーデナーズハウス
  • フラワーショップ
  • 開花表
  • 四季折々

Gardener's Report/ガーデナーズリポート

UPDATE: 2019-09-17

ガーデナーズリポート第458回

Gardener's Report
キャッツウィスカー(ネコのヒゲ)

9月第3三週を迎えました。木バラにつづいて、四季咲き品種のクレマチスも、一部の品種を除いて、ほぼ三番花にむけての剪定作業を終えました。10月中旬からの庭園を想像しながらの作業がつづいています。

 

バラ、クレマチスの剪定が一段落すると、庭園内はしばらく色が少なくなったように感じられますが、各所で秋の宿根草や灌木、一年草類が開花しています。

 

カナールの水路脇ではクジャクアスターやサルビアが。ポール仕立て、庭園のフェンスボーダーに植栽されているクレマチス足元では、ダリア、ジニア、ガイラルディア、チョコレートコスモスなどが花を咲かせています。くすのきの丘やアイランドベッドではシクラメン・ヘデリフォリウムも可憐な花をのぞかせはじめました。ノットガーデンやホワイトガーデンではキャッツウィスカーが白いユニークな花を咲かせ、シュウメイギクも各所でそろそろ見頃を迎えそうです。

 

グラス類もこれからが見頃。ペニセツム、ミスキャンタス、パニカム、カレックス、ミューレンベルギアなど、花穂が風に揺れる様も秋の庭の楽しみの一つ。花穂の色や形状はそれぞれ大変個性が豊かですので、またリポートしたいと思います!

シュウメイギク
ペニセツム・セタケウム・ルブラム