• ガーデナーズリポート
  • お知らせ
  • ガーデンのご案内
  • コレクション
  • はじめてのクレマチス
  • ガーデナーズハウス
  • フラワーショップ
  • 開花表
  • 四季折々

Gardener's Report/ガーデナーズリポート

Recent Entry

UPDATE: 2021-10-31
ガーデナーズリポート第505回
UPDATE: 2021-10-16
ガーデナーズリポート第504回
UPDATE: 2021-08-17
ガーデナーズリポート第503回
UPDATE: 2021-08-15
ガーデナーズリポート第502回
UPDATE: 2021-06-04
ガーデナーズリポート第501回
UPDATE: 2021-05-20
ガーデナーズリポート第500回
UPDATE: 2021-05-19
ガーデナーズリポート第499回
UPDATE: 2021-05-11
ガーデナーズリポート第498回
UPDATE: 2021-05-05
ガーデナーズリポート第497回
UPDATE: 2021-05-03
ガーデナーズリポート第496回
UPDATE: 2021-05-01
ガーデナーズリポート第495回
UPDATE: 2021-05-01
ガーデナーズリポート第494回
UPDATE: 2021-04-17
ガーデナーズリポート第493回
UPDATE: 2021-04-13
ガーデナーズリポート第492回
UPDATE: 2021-03-14
ガーデナーズリポート第491回
UPDATE: 2021-03-13
ガーデナーズリポート第490回
UPDATE: 2021-02-02
ガーデナーズリポート第489回
UPDATE: 2021-01-23
がーデナーズリポート第488回
UPDATE: 2020-06-30

ガーデナーズリポート第483回

Gardener's Report
クレマチス・エミリア・プラター

遅咲きタイプの四季咲き品種(遅咲き大輪系、ヴィチセラ系、インテグリフォリア系、テッセンの系統、テキセンシス系、ヴィオルナ系など)の一番花も完全に終わったもの、終盤を迎えているものそれぞれですが、庭園内では二番花にむけてガーデナーによる剪定と誘引作業が続いています。

 

今年も多くのクレマチスが一番花を楽しませてくれました。新しく庭園に導入した品種はどのような表情で開花するのか、お客様に気に入っていただけるか、とドキドキしながら管理をしています。一方、開園当時から植栽をしていて、今後も欠かすことのできない、頼れる存在の品種も数え切れないほどあります。

 

たとえばポーランドで作出されたヴィチセラ系のクレマチス、エミリア・プラターがその一つ。淡藤色の花はどんなクレマチスと組み合わせても相性が良く、脇役にも主役にもなります。ツルの伸びが旺盛なため、ポール仕立てや背の高いフェンス、壁面など庭園内の多くの場面で活躍しています。その強健さも重要な特性。開園時から今日まで約18年もの間ずっと育てている株も多く、経年しても変わらぬ花数の多さにも驚かされます。

ジャックマニーとの組み合わせ
テンテルとの組み合わせ