• ガーデナーズリポート
  • お知らせ
  • ガーデンのご案内
  • コレクション
  • はじめてのクレマチス
  • ガーデナーズハウス
  • フラワーショップ
  • 開花表
  • 四季折々

Gardener's Report/ガーデナーズリポート

UPDATE: 2016-12-22

ガーデナーズリポート第361回

Gardener's Report
「竹林の中の男」下で開花するクロッカス

春夏に開花する球根性植物の植えつけ作業も一段落しました。   ヴァンジの作品「竹林の中の男」周辺の芝面には今年もクロッカスを補植。   作業中、芝に穴を開けた直後の景色はまるでモグラの被害にでもあったかのようですが、早春にはあちらこちらから白、黄色、...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-12-11

ガーデナーズリポート第360回

Gardener's Report

ガーデナーズハウスから見える桜やケヤキはすっかり葉を落とし、庭園内をふく風に枝を揺らしています。   12月も第三週に入り、庭園内では春夏咲き球根類の植えつけ作業や花壇の植え替えといった作業がほぼ落ち着いて、今週末からは少しずつツルバラの誘引作業にとりかかる予...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-11-27

ガーデナーズリポート第359回

Gardener's Report

朝花開いて、夕方には閉じてしまう熱帯性スイレン。   11月も最終週ですが、いまだに美しい花を楽しませてくれています。   夏の暑い頃はもちろん、このように本格的に寒くなる11月いっぱいまで、長期間水辺に花を添えてくれるだけでなく、開閉をつづける間、...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-11-24

ガーデナーズリポート第358回

Gardener's Report

天候の変化が激しい11月下旬。庭園内の開花植物も少しずつ変化しつつあります。   石垣壁とノットガーデンの一角でピンク花を咲かせているのはノボタン・リトルエンジェル。   一つ一つの花のサイズは小さいものの、枝全体に花を咲かせる様子は目を引きます。 ...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-11-19

ガーデナーズリポート第357回

Gardener's Report

晩秋のクレマチスガーデン。   春のように多くの花色で色溢れる華やいだ雰囲気はないものの、秋色に囲まれながら長時間庭で過ごされるお客様の姿を多くお見かけします。   明日は小春日和となりそうです。紅葉に彩られたクレマチスガーデンで晩秋の1日をゆっくり...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-11-16

ガーデナーズリポート第356回

Gardener's Report
カエデの葉

気温の低下によって樹木や灌木、宿根草の葉が紅葉し、庭園内全体が秋色に染まりつつあります。   この時期、落ち葉清掃をしても少しの風でまた一面芝上は落ち葉だらけ、ということばかり。しばらくの間はこの紅葉を楽しませてもらうためにも雨や風は控えめに、とお願いしたいと...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-11-09

ガーデナーズリポート第355回

Gardener's Report
晩秋を迎えたホワイトガーデン外周ボーダー

一般的に最低気温が8度を下回ると紅葉が見頃を迎えると言われていますが、先週末からクレマチスガーデンでも少しずつ樹木や灌木が色づきはじめました。   ホワイトガーデン外周ボーダーではケヤキやドウダンツツジの紅葉を背景に、バラたちが最後の花を咲かせています。 &n...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-11-04

ガーデナーズリポート第354回

Gardener's Report
フレグラント・アプリコット

11月第1週のクレマチスガーデンで開花するバラの様子をリポートします。   ホワイトガーデン外周ボーダー前面では、フレグラント・アプリコットが香り高い花を咲かせています。花弁の縁が波打つ様子がとても上品なフロリバンダローズです。   ノットガーデンの...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-10-31

ガーデナーズリポート第353回

Gardener's Report
バラとハーブのリース

秋バラが開花する庭園内の一角にあるティールームを会場に、セピアの森の近藤洋子先生をお迎えし、バラとハーブのリース作りのワークショップを開催しました。   レモンバーム、ミント、オレガノ、ローズマリーなどのハーブをベースに、参加者のみなさんにお好きなバラを庭園内...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-10-26

ガーデナーズリポート第352回

Gardener's Report
秋のホワイトガーデン

昨日の降雨でたっぷりと水分補給をした庭園内の植物たち。今朝は再び気温も上がり、夏を思わせるようなお天気になりました。   そんな良いお天気の中、ホワイトガーデンでは、バラたちが再び開花期を迎え、夏から咲き続けているキャッツウィスカーも花のボリュームがさらにアッ...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-10-24

ガーデナーズリポート第351回

Gardener's Report
ダリア・ティトキポイント

秋のカナールのボーダーガーデンの様子をご紹介します。   ボーダーの背景に植栽をしているダリア・ティトキポイント。基本の花色はピンクですが中心に入る黄色が、まるで光を放っているかのような印象的な表情をしています。   シルバーグリーンの葉をもつヘビー...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-10-20

ガーデナーズリポート第350回

Gardener's Report
くすの木の丘上で咲くシクラメン・ヘデリフォリウム

原種シクラメン・ヘデリフォリウムの可憐な花がくすの木の丘をはじめ、庭園内で見ごろを迎えています。   丘の上に、初期に植えつけ作業をしてから10年以上の時間が経過し、数年前から丘の下でもちらほら実生株が花を咲かせはじめました。   今年は園路沿いでそ...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-10-18

ガーデナーズリポート第349回

Gardener's Report
ハンス・ゲーネバイン

10月中旬のクレマチスガーデンでは、木バラが再び開花をはじめました。   9月の天候不良が原因で例年よりも多少遅いスタートとなりましたが、これから10月末〜11月初旬に向けて各品種が順次花を咲かせていくことでしょう。   ガーデン内では、ホワイトガー...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-10-16

ガーデナーズリポート第348回

Gardener's Report
スクエアフェンス前ボーダーの様子

秋晴れの気持ちの良い週末を迎え、庭園内では芝上でゆっくりと過ごされるお客さまの姿が多く見られます。   一年を通して、暑くもなく、寒くもなく、穏やかな風の吹く天候の中、庭園管理をすることができるのはほんの数日かもしれません。   まさにそんなお天気の...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-10-11

ガーデナーズリポート第347回

Gardener's Report
コスモス・イエローキャンパス

気温の低下とともに、庭園内全体で秋の深まりが感じられます。   コリウスをはじめとするカラーリーフの葉色はより一層色鮮やかに、秋のバラが見頃を迎えるまでの間の庭に貴重な色を与えてくれています。   ふわふわとした雰囲気にぴったりな「コットンキャンディ...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-10-04

ガーデナーズリポート第346回

Gardener's Report

クスノキの丘ではシクラメン・ヘデリフォリウムの花が芝の中で花を咲かせています。秋咲きのシクラメンが本格的に花期を迎えると、もう季節はすっかり秋だなと感じます。   緑色の芝面に白、ピンク、紫、淡いピンク・・と日に日に色が増えていく様子や、斜面部で実生で増えた「...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-10-03

ガーデナーズリポート第345回

Gardener's Report

金木犀の花香る10月第1週の庭園では、あちらこちらで秋の花々が開花期をむかえました。   芝の中やクサツゲの株元で可憐な小花を咲かせているのはゼフィランサス。純白花の種類「タマスダレ」は開花期以外の時期も針状の濃い緑葉が、潅木や宿根草の足元を隠してくれて重宝し...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-09-24

ガーデナーズリポート第344回

Gardener's Report

ヴァンジ美術館の展示棟入り口前に広がる石の世界、その縁で美しいシルバーリーフを見せてくれているのは「ど根性ユーフォルビア」です。   去年から人知れず存在し、少しずつ、確実に成長してきました。来年には花も咲かせることでしょう。   おそらく先に広がる...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-09-15

ガーデナーズリポート第343回

Gardener's Report
キャッツウィスカー

9月第三週を迎えたクレマチスガーデン。   四季咲きクレマチスの二番花の開花期はほぼ終わりを迎え、秋に向けての木バラ剪定作業も庭園内外全体で完了しました。   ホワイトガーデン内で次から次へと花を咲かせているのは、キャッツウィスカーやペンタス。花色の...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-06-10

ガーデナーズリポート第342回

Gardener's Report

5月に見ごろをむかえた大輪の華やかなクレマチスから、現在は小中輪の可憐なクレマチスに花期は完全にバトンタッチ。  フェンス、壁面、ポールはもちろん、鉢植えでも複数品種のクレマチスを一緒に育てる方法を楽しむことができます。花色や花形の違いをうまく利用して、「クレ...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-06-02

ガーデナーズリポート第341回

Gardener's Report

  クレマチスガーデンでは遅咲きのクレマチスたちが見頃となりました。 これから6月中旬にかけて小中輪系の品種が最盛期を迎え、庭園では年間を通じてもっとも多くの品種が花を咲かせます。 つるバラとの競演の時期もあとわずか。今週末は是非クレマチスガーデンでクレマチス...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-05-18

ガーデナーズリポート第340回

Gardener's Report

石垣壁のつるバラが今週末見頃となりそうです。   その前面に広がるノットガーデンとともに、一画は一年を通じてもっとも華やかな景色となってお客様をお迎えいたします。...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-05-14

ガーデナーズリポート第339回

Gardener's Report

カナールのボーダーガーデンでは出口に向かって左手の壁面で早咲き大輪系クレマチスが満開になりました。   大輪の万重花を咲かせているのはジョセフィーヌとマジック・フォンテーン。パステルカラーの組み合わせが白い壁面によく映えます。   白花のクレマチスが...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-05-13

ガーデナーズリポート 第338回

Gardener's Report

早咲き大輪系クレマチスが最盛期を迎えるとともに、インテグリフォリア系、テキセンシス系、フロリダ系の一部の品種も開花がはじまりました。   これから少しずつ、大輪から小中輪の花を咲かせる品種に花期が引き継がれていきます。小中輪のクレマチスは一輪のサイズは早咲き大...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-05-10

ガーデナーズリポート第337回

Gardener's Report

庭園内各所でアリウムが見ごろをむかえています。   スクエアフェンス前でバラの濃緑葉の間から顔を出し、白い花を咲かせているのはモンブラン。モンブランは蝶たちにも大人気!花から花へとせわしなく移動する姿が5月の青空によく映えます。   桃色がかった紫花...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-04-05

ガーデナーズリポート第336回

Gardener's Report

アイランドベッドで黄色い花を咲かせるのはユーフォルビア・カラシアス・ウルフェニー。   木立性のクレマチス(インテグリフォリア系)を集めたアイランドベッドは、本来クレマチスが開花する5月から最も華やかな時期を迎えますが、その前段としてユーフォルビアの開花期も印...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-03-30

ガーデナーズリポート第335回

Gardener's Report

フラワーショップからチャオチャオ、リストランテ・プリマヴェーラへと続く通路を飾る白い大鉢。毎年この時期はフォステリー系クレマチスを植栽しています。   カートマニー・ジョーの白花にピクシーの黄緑花をアクセントに組み合わせ、鉢の縁からツルを下垂させる仕立て方。他...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-03-27

ガーデナーズリポート第334回

Gardener's Report

本日、庭園内のソメイヨシノがとうとう開花しました。29日(火曜日)以降は気温が高い日がつづく予報になっていますので、次々と蕾が開き、週末から4月第2週にかけて満開になっていく見込みです。   早春咲きのアーマンディ−系クレマチスとも今年はちょうど開...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-03-24

ガーデナーズリポート第333回

Gardener's Report

開園から14回目の春を迎えました。   何度繰り返しても新鮮な驚きと喜びがある春。そしてどの年の春も少しずつ違います。   今年も早春の庭を鮮やかな黄花で彩る水仙・テタテイト。同時に開花するイフェイオンやクリスマスローズとともに花を咲かせる様子は、春...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-03-23

ガーデナーズリポート第332回

Gardener's Report

気温の上昇とともに、クレマチスの新芽がぐんぐんと伸びる季節が目前に迫ってまいりました。   葉が茂る直前のこの時期、ポール仕立てや樹木仕立て、鉢に仕立てた落葉品種のクレマチスの様子を観察すると、誘引の方法がよくご覧いただけるかもしれません。   斜め...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-03-19

ガーデナーズリポート第331回

Gardener's Report
アーマンディー

クレマチスシーズンの幕開けを告げる早春咲きクレマチス アーマンディー。   今年も順調に蕾をふくらませ、一部では少しずつ開花がはじまりました。   純白の花を咲かせるアーマンディー、淡い桃花のアップル・ブロッサムを中心に、庭園内では壁面、フェンス、樹...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-03-17

ガーデナーズリポート第330回

Gardener's Report

カナールの斜面では、ハナニラが満開を迎えています。   ピンク、青、白、黄色の花々がカーペット状に広がり、水仙・テタテイトとともに斜面を春色に染めています。   近くを通るとハナニラ特有の香りが漂い、この香りを嗅ぐとあっ!春が本格的にやってきたな、と...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-03-13

ガーデナーズリポート第329回

Gardener's Report

ジュリアーノ・ヴァンジの彫刻作品「竹林の中の男」の足元で咲くクロッカスたち。   遅咲き品種も咲きそろい、今週が見ごろとなりそうです。   まだまだ気温の変化がはげしく、寒い日もありますが、この小球根類が見ごろを迎える3月中下旬の庭園にはなんとも言え...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-03-10

ガーデナーズリポート第328回

Gardener's Report
キャサリン・ホジキン

日々景色が驚くほど変化するのが3月の庭園です。   昨日まで茶色い土で覆われていたボーダー花壇も、翌朝には球根類や宿根草の新芽が出現していて、時にはその変わり様に目を疑ってしまうほど。   イズフォトミュージアムのアプローチガーデンで可憐な花を咲かせ...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-02-07

ガーデナーズリポート第327回

Gardener's Report
ジョウビタキ

庭園作業をしていると、昆虫から動物までさまざまな生き物との出会いがあります。   季節ごとに遭遇する生き物は変化をしていきますが、多くの植物が休眠する冬の間によく目にするのが渡り鳥のジョウビタキ。丸みのあるお腹全体がオレンジ色をしたきれいな鳥です(オス)。 &...

>>続きを読む

UPDATE: 2016-02-01

ガーデナーズリポート第326回

Gardener's Report
スノードロップはクスノキの丘で見頃です

クスノキの丘ではスノードロップが見頃を迎え、芝面からは寒咲きクロッカスやイフェイオンの花が少しずつ顔を出しはじめました。   早春咲きクレマチス アーマンディーにもはっきりと花芽が見えるようになり、開花までまだしばらく時間がかかりますが、日に日に期待がふくらみ...

>>続きを読む