60代着てはいけない服10選と色!痛いファッションで何を着ていいかわからないときの女性のお手本コーディネートを紹介!

当ページのリンクには広告が含まれています。
スポンサーリンク

60代は体型や体力に変化が出やすい年代ですね。

そこで、

・年をとると何を着たらいいかわからない…
・体型をカバーする方法が知りたい…
・身長の低い60代女性に似合うファッションも知りたい…

こんな悩みや疑問をお持ちの60代女性は多いのではないでしょうか。

60代女性には目の錯覚を利用した、縦のラインを強調するIラインコーデがおすすめです♪

背の低い小柄な女性にもIラインコーデは適しています。

楽天やAmazonではビアズリーの服をお家にいながらゆっくり見る事ができ、お買い物を楽しめます。

60代のおしゃれなミセスファッションを楽天で見てみる>

アマゾンで60おしゃれファッションを見てみる>>

ここからは、60代が着てはいけない服について解説した後に、Iラインコーデのポイントや、60代女性におすすめのファッションブランド、

そして、実際に商品を紹介しながら春夏秋冬のお手本ファッションをご紹介します。是非参考にして下さい。

こちらは1枚でゆったり着れるシャツです。

お色も4色あり、胸元のパールボタンがおしゃれです。

以下楽天やAmazon、ヤフーショッピングで見ることができます。

目次
スポンサーリンク

60代で着てはいけない服はあるかの口コミ・評価

ここからはクラウドワークスで50代60代の方10名にアンケートをとった結果をご紹介します。

以下アンケート結果の著作権は当方にあります。無断で編集、他サイトへの利用を一切禁止します

60代で着てはいけない服はあるかのアンケート結果
ある
30%
ない
70%

アンケート結果を見ると、着てはいけない服はないと答えたかたが、あると答えた方の半分以上となりました。

それでは今からその理由をご紹介します。

60代で着てはいけない服はあると答えた方の口コミ・評価

若い子のまねをして露出の多い服は同性として引いてしまいます。

上品であってほしいです。心も服装も余裕のある上質な着こなしができるのが大人です。

60代

60代で着てはいけない服はないと答えた方の口コミ・評価

いくつになっても着てはいけないという服はないかなと思いますが、足を出すような服は避けてるようにしています。

50代

個人的には、基本的にどんな服装しても良いと思います。好きな服を着るのが1番だと思います。

しかし、日本は人の目を気にする文化で、目立つことが個性とは受け取られず、変な人という目で見られてしまうことが残念なことです。

そういう観点からすれば、日本では、60代は、タンクトップなど肌の露出の多いものは避けた方が良いように思います。

50代

この頃の60代の人はとてもおしゃれなので上手く着こなしていたら、着ては行けない服は無いと思います。

50代

個人的にはないと思いますが、ノースリーブのブラウスやシャツ、ミニスカートは本人は良くても周りが引くと感じます。

50代

上記のアンケート結果では「60代で着てはいけない服はない」と答えている方が多いですが、敢えて言うなら以下の事は避けた方がよさそうです。

・ミニスカートやタンクトップの足や方が出る露出が多い服

60代だからといって着てはいけない服はないけれど、周りの目を気にする方は露出が多い服は避けた方が無難ですね。

こちらは伸縮性もあり60代の方にもおすすめの品とフェミニンさをもつスカートです。ウエストがゴムなのでラクにはけるのも嬉しいポイントです。

60代のおしゃれなミセスファッションを楽天で見てみる>

アマゾンで60代おしゃれファッションを見てみる>>

その他60代で痛いファッションもまとめたのでご紹介します!

60代で着ると痛い&ダメなファッションを解説

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ移動

60代で着ると痛い&着ない方が良い服のポイントは以下になります。

60代の女性が着ると痛いと思われる服のポイント
①子どもっぽい服
②色や柄などが派手で奇抜なデザインの服
③サイズが合っていない服
④シワや汚れが目立つ服
⑤オーバーサイズの服
⑥古すぎるスタイルの時代遅れの服
⑦安価で粗悪な素材の服
⑧極端な若者向けのトレンドアイテム
⑨過度なアクセサリーの着用

それでは一つ一つ詳しく解説していきます!

子どもっぽい服

子供っぽい服は60代にはふさわしくありません。分量が多いフリルやレース、パステルカラーなど、子供っぽく見える服は避けましょう。

また、露出の多い服装は下品な印象を与えるだけでなく、年齢的にもふさわしくありません。

60代の方もおしゃれに着こなせる「ビアズリー」は楽天ファッションでお買い物を楽しめます。

おしゃれな服ビアズリーを楽天で見てみる>>>

色や柄などが派手で奇抜なデザインの服

奇抜なデザインの服を着ると目立つだけでなく、周囲からも浮いてしまいます。

例えば、ビッグシルエットの服、派手な柄やキャラクターの服は、奇抜なデザインの服と言えます。

また、鮮やかな色や大きな柄の服装は、人目を引くことができますが、あまりに派手すぎる場合は、60代の方から見て不適切に感じるかもしれません。

60代の女性が着ると、場違いなだけでなく、痛々しく見えることもあるので避けた方が無難です。

サイズが合っていない服

例えば、大きすぎる服はだらしなく見え、小さすぎる服は窮屈で動きにくいです。

サイズがオシャレのカギを握っていると言っても過言ではないほど、自分に合ったサイズを着ることは大事です。

60代のおしゃれなミセスファッションを楽天で見てみる>

シワや汚れが目立つ服

清潔感のない服はだらしなく見え、老けて見えます。また、高級な服を着ていても、シワや汚れが目立つと台無しになってしまいます。

場合によっては、痛いおばさんに見えてしまうこともあるので、清潔感のある服装を心がけましょう。

オーバーサイズの服

サイズが大きすぎる服は、自分の体型を隠すために着る人が多いかもしれませんが、実際には逆効果になる場合があります。

オーバーサイズの服は、体型を大きく見せたり、ダボっとしすぎて逆にだらしなく見えることもあるので注意が必要です。

60代のおしゃれなミセスファッションを楽天で見てみる>

古すぎるスタイルの時代遅れの服

過去の時代のファッションにこだわりすぎると、時代遅れの印象を与えることがあります。トレンドとクラシックをバランス良く取り入れる事をおすすめします。

安価で粗悪な素材の服

素材や質感が粗悪な服は、品位を損なうだけでなく、快適さや耐久性にも問題が生じる可能性があります。なので、安さだけを追求するのではなく、60代の品格を損なわない服を選びたいですね。

極端な若者向けのトレンドアイテム

過度に若々しいデザインやカジュアルなスタイルは、年齢にそぐわない印象を与え、逆に痛々しく見えることもあるので、注意が必要です。

過度なアクセサリーの着用

こちらは服ではありませんが、気を付けたいポイントです。

アクセサリーは程々に。あまりにも派手なアクセサリーは、全体の印象を乱す可能性があります。

せっかくステキな服を着ていても、アクセサリーが多すぎる事で服の印象が損なわれることもあります。

60代のおしゃれなミセスファッションを楽天で見てみる>

アマゾンで60代おしゃれファッションを見てみる>>

60代で着てはいけない色を解説!

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ移動

こちらも50代60代の方にアンケートをとったのでその一部をご紹介します。

以下アンケート結果の著作権は当方にあります。無断で編集、他サイトへの利用を一切禁止します

60代でも、色は自由に選べます。赤やピンクなどは逆に年齢の高い人のほうが似合う場合もあります。肌をくすませるような色は避けたほうが無難かなとは思います。

50代

自分自身としては明るい黄色やオレンジ、ピンクなどの鮮やかな色を身に着けるとあまりにも派手な印象を与える場合があり、若々しい印象を与えすぎる場合があることです。

50代

好きな色着ればいいと思う。
歳だから地味じゃなきゃ、などはないし60代まだまだ若い。
何色でも着こなせれば幾つでもカッコイイ方は多い。

50代

黒です。年齢が高くなるに連れて、欧米の女性を見習って明るい色を着用すべきと思っているからです。

黒は若い子が着るとおしゃれに見えても、年を召した女性が切れば、人生のゴール近い色のようで不吉な印象も持たれるかも知れません。

50代

60代だからといって、暗い色しか着れないということはないと思います。

綺麗な色は肌を綺麗に映してくれるし、気分も上がります。色の使い方、組み合わせさえ間違えなければ、何色を着ても良いと思います。

50代

基本的に「好きな色を着ればよい」という意見が多いですが、敢えて言うなら以下になります。

【60代で着ない方が良い色】
・肌をくすませる色
・明るすぎるオレンジやピンク、黄色
・黒などのダークカラー

特にくらいカラーや逆にショッキングピンクなどの派手なカラーは避けたいという意見が複数ありました。

なので、周りの目が気になる方は淡くてやさしいピンクや水色等を選んだり、全身ショッキングピンクなどの派手な色は避け、マフラーなどの小物でアクセントとして明るい色を取り入れても良いですね。

ビアズリーの服は落ち着いた色でありながら、デザインがおしゃれで締め付けない服が多いので60代の方にも似合う服が見つかりますよ。

おしゃれな服ビアズリーを楽天で見てみる>>>

60代女性のお手本ファッション・コーディネートを春夏秋冬で紹介

ここでは、60代女性でも着こなしやすく、合わせやすい商品をシーズン別にご紹介します。

60代女性のお手本ファッション春

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ移動

スタイリッシュで上品なネイビーアンサンブル

上品なネイビーのアンサンブルは、裾のブロック調レースがアクセントになり、スタイリッシュな印象を与えます。

カーディガンは程よい丈感で腰回りもカバーできるので、体型カバーにもおすすめです。

プルオーバーの後身頃は無地、前身頃はレース部分のみ二枚仕立てになっているので、一枚で着ることも可能です。

長めのネックスレスをつけると、よりIライン効果がアップします。

きちんと感があるので、オフィスやちょっとしたお出かけにも最適です♪

サイズはM/L/LL展開

60代でも合わせやすく、春先にぴったりです。

60代女性のお手本ファッション夏

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ移動

reca(レカ)のテーパードパンツは、センタープレスの縦ライン効果でスリムに美しく見せてくれます♪

テーパードシルエットは着痩せ効果抜群で、下半身の悩みを解消します。シワになりにくい生地なので、お手入れも簡単です。

ウエストはゴム仕様で快適なフィット感を確保し、しゃがんでも背中が見えにくい設計に。フェイクポケットがバックシルエットをすっきり見せてくれます。

オン/オフで履けて着まわし自在。万能パンツとしても最適です。

サイズはS/M/L/XL展開で、色は8カラー用意されています。

ブラック、ネイビー、ココア、シルバーグレー、リッチイエロー、オレンジブラウン、フォレストグリーン、ローズピンク

すっきりとした丈感なので、60代女性でも着こなしやすい一本です。

60代女性のお手本ファッション秋

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ移動

imacoco(イマココ)のロングインナーダウンベストは、袖ぐりが広めの作りになっているので、春秋はアウターとして、冬はインナーとして使えます。

腰まで隠れるロング丈なので、着るだけで体型隠しとスタイルアップが期待できます♪

ダウン80%、フェザー20%の軽くて暖かいロングダウンベスト。ポケット付きでディテールにもこだわっています。

ソフトで光沢のあるナイロン素材は、シャツワンピースとの相性も抜群です。

サイズはM/L展開で、色は7カラー用意されています。

アイボリー(グレー)、ベージュ、マスタード(ライム)、グリーン、ダスティピンク(レンガ)、ブルーグレー、ブラック。商品タグにはグレー、ライム、レンガと記載。

軽いので60代女性にもぴったりです。1枚持っていると秋冬コーデの幅も広がりますね。

60代女性のお手本ファッション冬

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ移動

このバイカラーワンピースは、フロントのもちもち感とバックスタイルのカラー切り替えが魅力的です。

深みのあるグリーンとシックなネイビーの組み合わせに赤みのブラウンで上品さをプラス。フロントとバックで印象が一変、ポケット付きで機能的です。

アマゾンで60代おしゃれファッションを見てみる>>

60代何を着ていいかわからないときのコーディネート

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ移動

加齢とともに体型が変化してくると、ついついゆったりした服で体型をごまかしがちです。でも、ゆったりシルエットの服は、おばさんっぽく見えてしまうこともあります。

そこでおすすめなのが、以下の目の錯覚を利用したIラインコーディネートです。

Iラインを強調するコーデを意識する

Iラインコーデは、トップスとボトムスを同系色でまとめることで縦のラインを強調し、すっきりとした印象を与えます。

またウエストを絞ってメリハリをつけると、スタイルアップ効果がさらに高まります。

コーディネートしやすい
トップスとボトムスを同系色でまとめるだけなので、コーディネートしやすいのもIラインコーデのメリットです。また、トップスやボトムスを単品使いすることもできるので、着回し力も抜群です。

Iラインコーデに便利なロング丈のジレ

ロングジレは、縦のラインを強調してくれるアイテムです。

トップスとボトムスを同系色でまとめたIラインコーデにロングジレをプラスすることで、よりすっきりとした印象を与えることができます。

体型カバーにもなる
ロングジレは、体型カバーにもなるアイテムです。ウエストまわりをカバーしてくれるので、お腹周りが気になる方でも安心して着こなすことができます。

また、気になる二の腕やヒップもカバーしてくれるので、全体的にすっきりとした印象を与えることができます。

コーディネートしやすい
ロングジレは、トップスやボトムスを選ばずに着こなせるアイテムです。シンプルなTシャツやカットソー、ワンピースなど、さまざまなアイテムと合わせることができます。

また、ロングジレを羽織るだけで、コーデの印象をガラリと変えることができるので、着回し力も抜群です。

具体的なロングジレを使ったIラインコーデとしては、以下のようなものが挙げられます。

・シンプルなTシャツにロングジレを合わせたカジュアルスタイル
・ワンピースにロングジレを合わせたきれいめスタイル
・ワイドパンツにロングジレを合わせた大人カジュアルスタイル

これらのコーデを参考に、自分に合ったロングジレを使ったIラインコーデを楽しんでみてくださいね。

60代のおしゃれなミセスファッションはこちら>>>

※楽天へ移動します。

アマゾンで60代おしゃれファッションを見てみる>>

背の低い60代。150cm前後小柄女性に似合うファッションを解説!

60代になると若い頃とは違い、体型や肌のたるみ、シワなど、肌質も変わってきます。なのでファッションも、これまでとは違ったアプローチが必要になってくることでしょう。

特に低身長の小柄な女性は、着こなし次第で老けて見えたり、アンバランスに見えたりします。

そこで今回は、60代小柄女性のファッションのポイントをまとめてご紹介します。

60代 150cm前後の背の低い小柄女性向けファッションのポイント

背の低い小柄な60代女性でも、以下のポイントを押さえれば、野暮ったくならずにおしゃれを楽しむことができます♪

Iラインを意識する
上記でもIラインコーデについてご紹介しましたが、身長が低い女性にもIラインを意識したコーデはおすすめです。

上下を同系色でまとめ、シルエットはストレートにすると良いです。ロング丈のジレやロングカーディガンを羽織れば、簡単にIラインコーデが完成します。

ウエスト位置を高くする
ハイウエストのアイテムを選べば、脚長効果も期待できます。

また低身長の場合、ベルトを使ってウエストの位置を高く見せたり、なるべく視線を上に持っていくとスタイルアップにつながります。

帽子をかぶったり、ストールやマフラーを巻いたりするのも効果的です。

Iラインを意識するならベルトは絞りすぎず、細めのベルトを選ぶのがおすすめです。

3首出しを意識しましょう
首、手首、足首がすべて隠れてしまうと、重く野暮ったい雰囲気に。

なので袖をまくって視線を上に集めたり、パンツをロールアップしたり、3首のうちどれか1つでも首を見せることで抜け感を出すことが可能になります。

中途半端な丈は工夫を
ワンピースやチュニックが中途半端な丈の場合、パンツを合わせることでバランスをとることができます。パンツは足首を少し見せた方がいいですね。

低身長には中途半端な丈よりもミニ丈やロング丈の方が適しています。ただし、ミニ丈は若作りアイテムのひとつなので、60代女性にはロング丈がおすすめです。

ロングよりさらに長いマキシマム丈は、60代の女性にはお勧めできません。裾を踏んで転倒する危険性があるからです。

あるいは、エレベーターやエスカレーターを利用する際に裾に引っかかる可能性もあります。怪我のリスクを減らすためにも、マキシ丈は避けた方が良いでしょう。

60代のおしゃれなミセスファッションはこちら>>>

※楽天へ移動します。

アマゾンで60代おしゃれファッションを見てみる>>

60代のパンツスタイルでおしゃれなコーディネートを紹介!

60代のパンツスタイルおしゃれコーデ1

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ移動

こちらは60代の方にもおすすめの、ストレッチが効いたパンツです。

ストレッチが効いているので、太ももが張っている方もスルっとはけて、動きを邪魔しません。

撥水加工で水をはじいてくれるので、雨の日のお出かけにも心強いですね。

サイズもS、M~4Lサイズと豊富なのも嬉しいポイントです。

60代のパンツスタイルおしゃれコーデ2

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ移動

全方向伸縮性とゴムウエストで快適さを追求したレギンスパンツ。綿混のしっかりとした生地感で美脚見えし、後ろポケットで美尻も実現してくれます。

ウエスト部分はベルトループや飾りポケット付きで、洗濯機洗いも可能。

累計186万本突破の信頼と実績。機能性とデザイン性を兼ね備え、どんなコーデにも合わせやすい一本です。

60代のスカートおしゃれコーデ

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ移動

品格とフェミニンさを兼ね備えたプリーツ×ティアードデザインスカート。ポリエステルの艶やかさと落ち感、細プリーツで広がり過ぎずスリムに。

光沢感と裏地付き、シワに強い適度なハリ、そしてウエストゴムで穿きやすさも実現。ブラウスやカジュアルなトップスにも相性抜群です。

こちらのスカートはフェミニンさがあり女性らしさを引き出してくれます。

60代におすすめファッションブランドユニクロも紹介!

60代女性に人気のファッションブランドを3つピックアップしてご紹介します。

ユニクロ

ユニクロは、株式会社ファーストリテイリングが展開する日本を代表するファストファッションブランドです。

ユニクロの年齢層は、幅広く、子どもから大人まで幅広く利用されています。特に、20代~40代の女性が中心となっていますが、50代60代女性にも人気です♪

アイテムは、カジュアルウェアが中心で、Tシャツ、パンツ、ジャケット、コート、ワンピースなど、さまざまなアイテムを取り揃えています。

特に、Tシャツは定番商品として、幅広い世代から支持されています。

値段は、一般的に手頃な価格で設定されており、トップス2,000円前後、パンツ4,000円前後、ジャケット7,000円前後が相場です。

UTAO (ウタオ)

「ウタオ」は、株式会社アダストリアが2020年に立ち上げた、60代女性向けのファッションブランドです。

コンセプトは「新60代のナチュラルコンサバな大人服」。かしこまったよそ行きの服ではなく、上手に着まわせる「素敵な日常着」を提案しています。

主なアイテムは、トップス、ボトムス、アウター、ワンピースなどです。

華やかな柄や鮮やかな色を取り入れつつ、年齢による体形の悩みを解決するシルエットやデザインが特徴です。

価格帯は、トップス3,500円~、ボトムス5,900円~、アウター9,800円~。

「ウタオ」は、これまでの60代ファッションとは一線を画す、若々しく洗練されたスタイルが人気を集めています。

ワールド:INTELLECTION (インテレクション)

「インテレクション」は、株式会社ワールドが2001年に立ち上げた、40代から60代の女性向けのファッションブランドです。

コンセプトは「知性と品格を備えた大人のためのカジュアル」。大人らしい上品さとトレンド感を兼ね備えた、洗練されたスタイルが特徴です。

主なアイテムは、トップス、ボトムス、アウター、ワンピースなどです。

デニムやジャケットなどの定番アイテムから、トレンドのプリントやカラーを取り入れたアイテムまで、幅広いラインナップが揃っています。

価格帯は、トップス17,000円~、ボトムス19,000円~、アウター29,000円前~、ワンピース24,000円~。

「インテレクション」は、大人の女性のライフスタイルに寄り添った、上質なファッションを提案しています。

アマゾンで60代おしゃれファッションを見てみる>>

60代のおしゃれなミセスファッションはこちら>>>

※楽天へ移動します。

60代ピンクの服は痛いか解説!

※画像をクリックで楽天の詳細ページへ移動

60代の方がピンクの服を着ると痛いとは一概には言えませんが、ビビットカラーの鮮やかなピンクなどは年齢にそぐわない可能性があります。

特に全身、派手な色のピンクだと浮いてしまう可能性があります。

なので、鮮やかなピンクは小物やスカーフやマフラーなどでポイント的にアクセントとして使用するとおしゃれに見えます。

逆に淡い薄いピンクや落ち着いた色のピンクはセーターやTシャツ、ワンピースとして着ていてもおかしいという事はありません。

おしゃれな服ビアズリーを楽天で見てみる>>>

まとめ

ここまでの内容で60代女性、そして背の低い小柄な60代女性にIラインコーデは適していることが分かりましたね。

縦のラインを強調するには、

・上下同系色でまとめる
・ロングジレやロングカーディガンを羽織る

60代背の低い小柄女性がスタイルアップするには、

・ウエスト位置を高くする
・首、手首、足首の3首出しを意識する
・チュニックやワンピースが中途半端な丈の場合、パンツと合わせる
・マキシム丈は裾を踏んで転倒する危険性があるため、60代女性は避けた方が無難

といったことをご紹介しました。

ぜひ60代女性のお手本ファッションも参考に、今の自分に合ったコーデにアップデートしてください。

60代のおしゃれなミセスファッションはこちら>>>

※楽天へ移動します。

アマゾンで60代おしゃれファッションを見てみる>>

目次